FC2ブログ

山崎順理 ブルークレイジークローラー

自分の書いた日記や文章や絵などをのせる。

ギョーザのサービス

夜中、真夜中、金をかけないで気晴らしをするために住んでいる所から南下して、
 街に行きチェーン店のラーメン屋にチャーハンを食べに行くのが好きだった。
 自転車に乗り、ちょっとしたサイクリング気分で自転車を走らせる。
夜中うしみつど きラーメンチェーン店に行く、誰も人がいない店はかしきり、
ラーメンとギョーザと チャーハンで、500円とちょっと、ものすごく美味いわけではない、
まあまあの味、 この値段、文句は、ない。まあうまく私は好き。この店のおじさんが、目の奥から
  やさしいやさしい視線をバンバン出して、対応してくれた時がある。真夜中にムサい 男が一人、
ラーメン、ギョーザ、チャーハンの注文、ギョーザが2列で出てきた、普 通、5~6個で一列なのに
2列になっていた。あまり、うれしがっちゃいけないが、何か感じるところがあり、
ギョーザをサービスしてくれたらしい。中国の人らしきアルバイト女性の人が対応してくれた時も、
ギョーザが2列、こんなのが4回ぐらい あった。なんかうれしかった。
このチェーン店はこんないい感じの店だったが、経営 が悪くなって、この場所の店はなくなった。
食い終わり自転車で家に向かう金もないし、こんなことで気をまぎらす。
飲む買う打つなどに使う金があれば違うことに使う 資格の勉強とかに使いたい。
帰り、真夜中だし、やはりというか、警察官の職務質問 にあう、
いいことがあれば、悪いことがあるのが世の常だ。
 警察官と対応する私、息がギョーザくさい、
さっきの自販機で梅チューハイを飲まないでよかったと思った。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bluebeetle.blog107.fc2.com/tb.php/87-09fd4400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)