FC2ブログ

山崎順理 ブルークレイジークローラー

自分の書いた日記や文章や絵などをのせる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジカセ

 ラジカセ、ていう言い方ひびき、もふくめ、私はラジカセが好き。
今でもラジカセという機械が好き、
ラジオとカセットテープレコーダーがくっついた機械に露骨な大きなスピーカーがついていて、
大きなスイッチがついていてガチャ、ガチ、ガチ、とすごい音が押すたびにした。
1970年代の終わりから1980年代のCDが出てくるまでが、ラジカセのひとつの黄金期だった。
 ラジカセを手に入れ、ラジオの深夜放送を録音して聞いたり、レコードからテープに録音したり、
CDからテープへ録音したりと、大事な機械だった。
 メタルテープやクロムテープの種類を使いわけ、テープの製造メーカーにも気を使い、
デッキの電機メーカーにも、もちろん気を使って音を追求した。
いずれ、ボーズのスピーカーとかJBLのスピーカーとかでこだわったシステムを作りたかった。
今でこそ、レトロなアナログだが、自然界の音は基本的にアナログで、
デジタルのように0101ゼロイチ、ゼロイチの音はないはずだ。
私はラジカセやレコードでいい音を聞いていたのだと思う。
今、現在、ポータブルステレオは、デジタル化していて、安い価格で、何十時間も好みの曲を流し続ける機械があり、今、現在、私も使っている。あっけないほど、使い勝手が良く、そして手ごろだ。
ただノスタルジックなのかもしれないが、ラジカセ、
今となっては、売っているCDラジカセのいいのがほしい・・さらにアンプ、スピーカー、などほしいものだらけだ。しかし、私は知っている。結局いいステレオシステムで大きな音で、
音楽を聞くのであれば防音のステレオルームつまり、家にかかってくるとわかっている。
要するに、家をどうにかしなきゃならないのだと。
私は今、デジタルオーディオでSDカードに好きな曲が入っていて適度なボリュームで聞いている。
まぁ満足しているのだが、ステレオオーディオは最後は防音ルームか地下室にまで、
こだわらずには、いられないのだと、スピーカーも、アンプもこだわれば、上は、際限なく無限だとため息をつく。 ただ、深夜スピーカーから、流れる心地好い音楽、この時が一番の至福の時なのだと思う、
この時を大事にしなければと強く思う。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。